イタチ駆除やネズミ駆除後に行なうこと【断熱材を守る対策】

いつ被害に遭うかわからない!家に住み着く厄介な生き物

ネズミ駆除・イタチ駆除後に断熱材を守る方法

家の内部

イタチ駆除やネズミ駆除を行なった場合、ボロボロにされた断熱材なども交換しなければならなくなります。支払う金額も大きくなるため、多くの家庭で負担額に悩まされるのです。このような害獣による損害を防ぐため、ネズミやイタチから断熱材を守る必要があります。

断熱材を被害から守る方法

雨樋を塞ぐ・定期的にチェックする
断熱材などの建材をイタチやネズミから守るには、イタチやネズミを家に入れさせないようにするのが一番です。イタチやネズミは、雨樋や通気口といった場所を通じて家の中に入り込みます。そういった場所を塞ぐことで、害獣の侵入を防ぐことができるのです。とはいえ通気口や雨樋は空気や雨水を外へ出す設備なので、完全に塞いでしまうのも問題となります。そこで、イタチやネズミが入れないほど目の細かい格子やパンチングメタルを取り付けることで、通気口や雨樋の機能性を損なわせずに害獣のみを侵入させなくすることができるでしょう。また、イタチやネズミは雑草が生い茂る場所などにも好んで入り込むため、周辺の雑草を定期的に綺麗に取り除くことも、害獣を入り込ませないための重要な対策となります。
忌避剤・罠を仕掛けて捕獲
断熱材を使用している天井裏などに、罠や忌避剤を設置することで、イタチやネズミが入り込むことを防ぐことができるでしょう。これらの罠や忌避剤は、巣を作られた後にイタチ駆除やネズミ駆除を行なうために使用しても効果はありません。ですが、住み着かれる前の予防として設置すると高い効果があります。イタチやネズミの嫌う臭いや超音波を発する機器を設置することで、万が一入り込まれたとしても住み着かれることを防げます。また、罠を周囲に設置することで、家に被害を与える前に入り込んだ害獣を追い出すことができるでしょう。
屋外の環境を整える
イタチやネズミが近づかないよう、周辺環境の整備は被害の再発を防ぐために重要なことです。雑草などのネズミやイタチが身を隠しやすいものを取り除くと同時に、ネズミやイタチのエサとなりやすいものを遠ざけることも必要となります。ネズミやイタチは雑食性であるため、人が出した生ゴミなどをエサにすることもよくあります。そこで、生ゴミなどを捨てる際にきちんとポリバケツなどに入れておく習慣をつければ、ネズミやイタチが住み着いてしまうリスクを低減させられるでしょう。

駆除業者のアドバイスを取り入れる

これらの対策の他にも、イタチ駆除やネズミ駆除後に業者へ対策を尋ねてみるのもよいでしょう。駆除業者は害獣の生態について非常に詳しいので、駆除後の再発防止のための方法を詳しく教えてくれます。断熱材などの高価な建材を傷つけられる前に、必ず駆除後は対策方法も聞いておきましょう。

TOPボタン