イタチ駆除やネズミ駆除業者が明かす理由【なぜ断熱材が狙われるか】

いつ被害に遭うかわからない!家に住み着く厄介な生き物

ネズミやイタチが断熱材を狙う理由

断熱材

イタチやネズミによってもたらされる害獣被害について、多くの人が挙げるのが、断熱材をボロボロにされてしまうことです。しかし、なぜこうした害獣は家のさまざまな建材の中でも断熱材を狙うのでしょうか。

業者が説明する断熱材が狙われる理由


ネズミやイタチは何故断熱材を狙うのですか?
狙われやすい理由は、断熱材がイタチやネズミにとって巣に最適な条件を兼ね備えているからです。断熱材は温かく、質感も柔らかいので、害獣にとって赤ちゃんを育てる巣として優秀な性能を有しています。特にグラスウールなどは、綿のようにフワフワとした質感です。巣として加工もしやすい上、イタチやネズミにとって寝心地もよいので、巣を作るための材料としてたびたび狙われるのです。
このグラスウールってどのような素材ですか?
グラスウールは、名前通りガラスを素材にした断熱材です。ガラスを線維化し、それを接着剤で固めることで作られます。ガラス繊維は非常に細く、繊維同士が複雑に絡まり合うことで、繊維内部にたくさんの空気の層を作り出すことができます。この空気の層によって高い断熱効果を生み出しているわけです。人にとって快適な空間を作り出すために使われるグラスウールは、害獣にとっても快適な空間をもたらす素材となります。
断熱材をビニールで覆っていれば大丈夫ですか?
屋根裏などに設置する断熱材は、基本的に防湿シートなどのビニールで覆われています。このようなビニールで覆われていれば、断熱材を荒らされることはないと多くの人は考えますが、実際にはこうしたビニールはほとんど意味を成しません。ネズミやイタチはこの防湿シートを破き、内部の断熱材を引っ張り出してしまうため、ビニールがしっかり張られていても安心とはいえないのです。

生息するのはネズミやイタチだけではない?

ネズミやイタチに住み着かれることでまず現れる被害といえば、ダニやノミによる被害です。害獣の体表にくっついていたダニ・ノミは、害獣の血を吸いながら大量に繁殖します。やがて増えたダニやノミが天井裏から階下にまで現れるようになるため、痒みやアレルギー疾患などに悩まされるようになるでしょう。他にも、害獣は体内に大量の病原体を持っていますし、ネズミやイタチは家の中で糞尿を行ないます。また、細菌を背負った体でエサを求めて家の中を歩き回るので、これらの病原体による健康被害も発生するようになるのです。住み着かれると騒音や悪臭だけでなく、家族の健康すら脅かす元凶となります。速やかにネズミ駆除・イタチ駆除を行なう業者に依頼し、悪影響をもたらす原因を追い出してもらいましょう。

TOPボタン